表面の洗浄性(下地処理)

塗布する面を準備するときに、ブラシがけや研磨だけでなく、ブラスト処理を行ったり、高圧水で洗浄したり、手で洗うこともあります。
どの場合でも、研削材や洗浄水は再利用されます。
そのため、再利用する道具や水の汚染度を測定して、洗浄する表面に不純物が付着しないようにする必要があります。

使用する検査機器

塩分測定キット
塩化物による表面の汚染物質のレベルの判断を 必要とする全ての材料並び、機器を塗布前に計測し、品質及び塗布の最適条件を測定します。計測後の対処の有無を判断するものです。
塩化物質の塩分は、ブレスルパッチ法によって抽出され、電導性測定器を使ってテスト溶剤の塩分が測定されます。
表面の目視検査
表面の目視検査も必要です。現場作業担当者と検査担当者用に、各種規格で定められている表面の図や写真をまとめた冊子もあります。(8501-1)
PAGE TOP