膜厚計

塗装工程ではさまざまな測定や検査を行いますが、最も重要なものは乾燥膜厚です。
その値によって、下地の寿命、製品の本来の目的への適合性、外観に関する情報が得られるだけでなく、膜厚自体を各種規格に準拠させなければなりません。

使用する検査機器

Elcometer 456
効率・信頼性・精度とも、業界新標準の膜厚計です。安定した温度測定で、国内規格および国際規格に適合しており、平面、粗い面、薄膜、曲面を高精度で計測可能です。
トゥックゲージ(破壊式) ※依頼があれば行います。
全ての素材の上の皮膜の厚さを測定することが可能な方式で、プラスチックやガラス上の皮膜の測定などに有効です。付属の4mm角位のV型カッターで下地素材に届くまで皮膜面をV溝状に傷つけ、その皮膜斜面を拡大スコープで読み取ります。
1目盛り2μm位までの読み取りが可能です。
PAGE TOP