付着性(アドヒュージョンテスター)

※破壊検査。依頼があれば行います。
巨大なビルから小型の家電製品まで、今日、保護膜や化粧皮膜が施されていないものはまずありません。
これらの皮膜がすぐに剥がれてしまうと、少なくとも塗り直しの費用がかかります。
付着性試験とは、塗膜と下地面、塗膜層同士、または下地の付着力を定量的に求めるプロセスのことです。
通常、保守点検作業の一環として、所定の付着性試験を実施します。

使用する検査機器

Elcometer 106
ドリーを接着剤で塗膜に固定させます。Elcometer106には、ドリーを引き上げる力を徐々に強めるスプリングが入っています。塗膜が剥がれたときに目盛を読み取ます。この数値が塗膜の付着力です。
ドリーを離すのに必要な単位面積当たりの力として示されます。
PAGE TOP