ウェットフィルムと粉体塗装の厚さ

液体塗料と粉体塗料のどちらを塗布する場合でも、硬化前の膜厚を測定することによって、最終的な乾燥膜厚を割り出すことが可能です。
塗布量が多すぎると、時間と塗料が無駄になるだけでなく、塗装の最終的な性能と仕上がりにも影響します。
硬化前の塗膜が厚すぎる場合は、硬化するときに割れが生じます。
一方、薄すぎると下地が十分保護されないので、錆びが出るおそれがあります。
粉体塗装の場合は、最終的な塗膜の付着性と外観が、硬化前の膜厚に左右されます。
塗料の量が多すぎると、付着性が落ち、量が少なすぎると変色や光沢の劣化につながります。

使用する検査機器

PAGE TOP