検査業

検査業

船舶の防食塗装検査

IMO(国際海事機関)において、SOLAS条約の改正に伴い、バラストタンク等の塗装基準(PSPC)が定められ、2008年7月1日以降の建造契約船については、
基準に基づいた塗装システムが必要です。
この中で、塗装検査については、NACE Level-2 または、FROSIO Level-3の資格を有する検査員が検査を行うことが求められています。
私たちは、早くからPSPCの基準に焦点を置き、様々な国際基準の検査方法や最新の検査機器を完備し、常に正しいデーターを提供できます。

プラントの検査

各プラントの塗装工事システムでは、国内規格のJISや国際基準のISO、アメリカの標準のASTM、NACE、SSPC、ANSI等の標準に応じて工事が進められます。
国内のプラントメーカーで受注した様々な規格のプラントに対して、対応できる有資格者が多数在籍しています。
新しくアメリカの原子力発電所(NPP)の検査員資格も取得しました。

PAGE TOP